AUTOSHOP YOSHIMASA since 1971

Blog

10月ー11月までのイベントなど。

10月はバイクやにとって忙しい季節です。

イベント6回あって、休日なく動いていました。やっと11月頭が休めます。

MOTOGUZZI V7STONEで岡山国際サーキット走った動画をロッキーさんが作ってくれました。

僕みたいな素人では出来ないクオリティです。

ちなみにクシタニさんで初めて作ったツナギもロッキーさんのデザイン。

それと本瀧寺さんで開催したSmotorcycleさんとシンズファクトリーさんとの合同試乗会。3店舗の個人で乗っている車両、試乗車?で試乗会を行いました。

こっちは2022年の頭、ロッキーさんのデザイン案で作った大阪モーターサイクルショーのデザイン車両です。なんか見た目だけの車両作るん微妙~と思っていましたが、なんかえぇやん!ってなりました。

ブースもロッキーさんのデザインです。僕が車両置くだけだと、納屋みたいになりますがロッキーさんのおかげで個人で出すレベルでは良い結果になったと思います。

.

大阪モーターサイクルショーが終わっても、タペストリーが使えるようにしてくれたりしています。

ここら辺の気遣い、僕みたいな個人でやっている整備メインの零細店はちょー助かります。

お店のロゴなんかもロッキーさんのデザインです。

それと10月末に行ったTMRacingジャパンさん主催の「TM Racing エンデューロモデル PINKエディション試乗会」を参加した時の動画です。 場所はクシタニさんのONTAKE EXPLORER PARKです。

最近、めっきりエンデューロモデルに乗れなかったので、たどたどしいです(笑)すいませんね。。。

——————————————————————————————————————-

そんなロッキーさん、DIYのYouTubeチャンネルもしています。

カッコイイ中に、どこか可愛らしい、愛嬌のあるデザインです。

バイク用品メーカーの服飾デザイン、店舗のデザイン、展示会のデザインや、大きい会社から僕みたいな小さい会社、市役所の仕事と色んなデザインをされています。

気になったら応援してあげてください(^^)

——————————————————————————————————————-

ランブレッタV200Specialの納車整備。

まずはレバー周りから。アクセルワイヤー給油。レバーのグリス入れ替え。

ブレーキフルード交換。

ちょっとアクセサリー品を付けるのに穴あけ。これ怖いですねー。

外装品と触れるところは気持ち程度のクッション。日本製の衝撃吸収する耐久性の高い特殊なスポンジ。

Fキャリア付けると、めっちゃかっこいいです。

んで足回りね。ホイールベアリング調整とダストシール給油。

キャリパーも分解してグリスアップや鳴き止め。

後ろ回りもね。

分解してグリスアップ。ブレーキの鳴き止めもね。

Fフェンダーのガード?も付けました。

さりげないメッキパーツが質感を上げます。

ありがとうございました。また初回点検お待ちしています。

———————————————————————————————————-

さてと、姉がV125Special買ってくれたんで納車整備。160cmあるけど30mm下げないと無理だそうです。160なくて乗っている人、いらっしゃるんですがねー(笑)

フォークも分解。

シートもハンドルも低くなってますね。

ノーマルから、もうちょいシート高さをなんとかした人向けです。160あるなら慣れれば乗れると思いますよ。

———————————————————————————————————-

お店の壁にアチェルビス社の製品を付けてみました。

よくファクトリー車両が付けているオープンタイプのハンドガードを置いています。

やっぱ青もね。

このタイプは限定で置きます。

汚れたとき、ちょっと気分変えるのに良いですよ。

———————————————————————————————————-

ちょっとV7STONEを走行会前に準備です。

前はファントムRS。

後ろはレーステックRRのK2です。

走行会前に積み込みして、当日の5時くらいに出発。

先にKさんがピットとってくれました。ありがとうございまーす!

のんびりだらだらです。

クシタニさんコーヒーも、ありがとうございます。

久々のサーキットは色々対策しましたが、サイドスタンド擦って諦めました(笑)

個人的には馬力はOKです。軽さも十分です。

もうちょいバンク角を増やす努力して再チャレンジですね(^^)

———————————————————————————————————-

本瀧寺さんで試乗会。ありがとうございます。なんか本瀧寺さんでのイベントは晴れますね。

ロッキーさん、動画頑張ってくれています。

お昼ご飯は上に上がって。

重さん夫婦と

薬膳カレー。

これ、好きなんですよね。うっま。美味しく頂きました。

———————————————————————————————————-

さあさあTMRacing届きました。

かっるいです。

コンパクトになって日本到着。

こんなんあったかな。

EN250FiES2T2022と入れ替えです。

144良いですよ~。ほんま最高ですよ。

↓こっちは通常カラーの青。

最近SMK450もすんごい気になります。

誰か、いっちゃいませんかー?

———————————————————————————————————-

TMRacingの試乗会って事で御嶽山に行ってきました。

よっくんヒュッテさん宿泊させて頂いて、ありがとうございました。おばちゃん、頑張ってね。

近くにキャンプもやってました。夏とかにキャンプやりたいですよね。

ピンク車両、これも良いですねー。

ちょくちょく撮影されていました。

ミスターTMの上坂さん。元気にされていました。まだまだ新しい体制がきっちり整うまで助力して頂きたいですね。69才ですがアクセルあけあけ。元気でした。また会いに行こうかな。

色んなコースがありましたが、初中級コースを走らせてもらいました。

あけあけで登り全開、気持ち良いー。

EN250FiES4T

EN144Fi2T

どっちも僕のレベルでは全開にするのは難しいです。小型排気量でも、そのくらいTMRacingは下からパワフルでコントロール性も良いし、とにかく軽い。

乗った事が無いので知らないけど、昔みたいにサスが硬いという事も2021から無くなりました。IAの方で他メーカーに良く乗られている方が話されていたので事実かと思います。

某メーカーみたいに初心者向けにしたって乗りやすいって車両では無いです。

でも競技車両。身体作りもして乗って欲しいかな。でも良いバイクなんです。そしてエンデューロレーサーとして完成度が高いです。

バイク屋さんが手作りで理想をロマンを込めたバイク。めっちゃ大きいメーカーでもないので良いところも悪いところもある。合う合わないもある。

減点方式で悪いところが気になって仕方ない人は向かないかも。

大きいメーカーの欠点が出ない、ツッコミを入れずらいバイクじゃないとダメな人は向かないかも。

でも僕は良いバイクだと思うし、好きなバイクで、乗って楽しいバイクで、こんな手間かけて凄いなって思います。メカニック目線で見たら凄いバイクです。

ロッキーさんは今回も動画撮影で一緒に行ってきました。お疲れ様です。

お昼ご飯は、コーンスープ。濃厚で美味しかったです。スリランカカレーも美味しいですよ。

昼ごはん食べて大阪まで。途中草津のサービスエリアで三井寺力餅のカップソフト。

EN250FiES4T EN144Fi2T この2台に乗れてよかったです。

輸入元、うえさか貿易の梅田さんこと、うめちゃんありがとうございました。なんかNHKみたいやな。

日本ではホント知られてないENDUROGP。エンデューロの世界選手権です。

排気量によってクラスが違います。E2クラスで優勝です。

日本では知られていませんが、すんごいメーカーです。

なかなか日本は知っている商品を買うけれど、知らない商品は買わないなって思います。

国内メーカーが苦戦しているレースで、国内であまり聞かないメーカーが沢山あって活躍しています。

少しでも気にして頂ければなーと思います。

ぜひ、TMRacingをよろしくお願いします。

———————————————————————————————————-

ヨシマサアドベンチャー 星2つ。

約10名で初開催です。今回は元スタッフのゆうこに合わせてのコース、スピード設定でした。もうほんま、この子って全然乗らんのですよねー(笑)2年たってRタイヤはほぼ新品やし(笑)

これからスピード上げる練習もするんで、気長に待ってください。

ビックオフ、小型排気量、エンデューロ車両など様々。あんまり台数多いと近隣の迷惑なっちゃうんで、こんくらいが限界かな。

お昼ご飯は栗!

帰りは1本行きたかった林道をキャンセルして本瀧寺さん。

ほんたき寺巣さんでちょっと休憩。

バイク寺蔵ちゃんたち。

こんどは近場だけで昼ごはんに薬膳カレー食べるのもありかな。

——————————————————————————————————————–

しばらく作業続きです。頑張ってやってます。

基本的にずーっと一人で作業しているので、集中力の続く時間が切れるまで作業しています。

要件の無い来店は全然OKです。あまり置いている事がない車両の方が多いです。

整備や相談、試乗(前日予約)、車両の購入、詳しい説明や見積もりが必要な場合は予約をお願いしています。なぜかよく重なるので予約がベターです。

ここが聞きたい、作業して欲しい、MOTOGUZZI、オフロード、TMRacing、Betaなどの事を聞きたいなど、急な来店は一人で対応しているので難しいです。

僕もあまり作業が中断するとミスも起きるので出来る限り集中したいです。これ重要です。あんまりおろそかに出来ません。

当店は直接買って頂いた方を会員として、その方の車両整備をメインで生業として仕事しています。売っているのはバイクですが、バイクを買った後に乗り続けた時のパフォーマンス力の継続そして延命を得意としています。

なので専門的な接客するために、来店の前に予約をお願いしています。その時間帯は空けておきます。

ある程度、店舗に車両を置いていますが取扱車種、中古車は全て展示出来ません。見たい車両、目的の車両があれば事前に連絡をお願いします。連絡が無いと展示車として無い車両は、高槻市には無いので来てもらってもどうにもならない事があります。

つまらないトラブルになってもお互い時間もったいないので、すいませんがご協力をお願いします。

神崎

2月の作業とお知らせ

2020年からすこしづつ取り扱いのモータリストさん取り扱いしています。

同じバイクってグループですが、こまごまと違いますので色々勉強中です。

納車前にやっておきたい事、定期的にやっておきたい事、店頭での部品の在庫、これ良かった部品の事、さまざまです。

まずFantic。イタリアの会社でイタリアに工場があって生産されています。

最近はミナレリ(古く大きいエンジン会社)を吸収。これから徐々に大きくなっていきますね。

オーソドックスにスクランブラー250

去年ドラゴン桜で出て、ちょっと話題になりました。

それとスクランブラー500 500は色々バリエーションがあります。イタリア、EU圏内では500がスタンダード。

ラリーになるとサスストロークが伸びて、Rサスは別体式。それとスイングアームがアルミになります。これ、欲しいです(笑)250と比べたら最初っからFディスクもセミフローティングだしスキッドプレートも付いてるし、他にもグレード高い物が付いてるのが良いです。

エンジンはFANTIC設計で製造はZONGSHENです。BMWのF850とかのエンジンとか、カワサキやら色んなメーカーのエンジン作っています。かなり大きい会社です。

エンジンマメジメントはATHENA、スロットルボディーも専用品です。

個人的にめっちゃ気になっているXEF250Trail

前のモデルより、かなり精悍になりました。

色は2色設定です。白赤がFanticカラーですね。

Rサスはスタンダードスクランブラーと違って別体式。

ヘッドライトはLED2連。トップブリッジはアルミ削り出し。Fフォークはスペインのメーカー製。

マフラーはARROW標準。ちゃんと国内の法律にもOKです。

スクランブラー250、大型免許の人は500シリーズが人気ですがXEF250Trailも人気です。

Fanticの電動アシスト自転車

当店の場合はISSIMOを扱っています。

これが免許なしで乗れるってので取り扱いしました。

質感も良いし、大人が乗るのには良いかなーと思いますよ。

それとLambretta。

Lambretta

ランブレッタはV200Specialを試乗車兼、展示車で置いています。

二輪車新聞にモータリストの野口さんが出られていたので、貼っておきます。ホームページにも掲載されてるので良いですよね。

部品も日本でたくさん置いてくれています。

↓全文はこちらから。

https://www.nirin.co.jp/_ct/17433003

なんやかんや今後の活動に期待しています。取扱商品の紹介でしたー。

———————————————————————————————————————-

こつこつ整備中です。

790DUKEのタペット調整。

タペットが範囲内なのか、毎回どきどきします(笑)

———————————————————————————————————————-

EN250Fi2T納車です。 125の2Tからの増車です。練習からWEX~フリーライドイベント用です。

2022年からモデルチェンジしたので、部品の手配に手古摺りました。

見た目、外装が今風になったのでかっこよくなりましたね。

簡単なエンジンかけた動画。

レバーは可倒式にしました。マップスイッチ標準。マスターのキャップも変えてます。

フレームデカールはビブラムです。2週間前に発売?なんとか納車に間に合いました。

ラジエターガードはバレット。加工しないと付かないです。

ボトムガードはフェアルさん。大阪もんです。

チャンバーガードはありますが見た目で不採用(笑)

リンクガードとディスクガード取り付けました。

メーカーオプションでゴムマウントにしています。これはオススメかな。

スタンドも肉抜きでかっこよくなりました。

テール回りの灯火類は外しました。M5のボルトで止めていました。いや、細かい変更で軽量化とことんです。

納車整備です。

チェーンスライダーはアルミから樹脂に変えます。スライダーが曲がると悶絶級です。

ステップは幅広+薄くなりました。

スロットルボディーの内側、削って作ってますね。

スイングアームの脱脂

グリスアップ。

組立

リンクも分解

脱脂

グリスアップ後に組み立てます。

組み立てグリスアップしてぶっさし。さす前に奥の方にはグリスアップしてます。

チェーンアジャスターも抜いて左右合わして調整します。

前回りも分解。気分ちょっとステム渋めでした。

なんかちょっと肉薄になった気がする。。。きのせいかも。

グリスアップして調整して組み立てます。

分解したボルト類は全数グリスアップして組み立てます。

錆止め、水が入りにくいようにしてます。

キャリパーもいろいろします。

納車前の基本整備で、集中出来る数時間頂いて組み立てです。まあまあ疲れます。

まあ、手間かかりますよ。でも良い商品にするには時間はかかります。

ラジエターガードも数種類ありますが、やっぱアルミが良いとの事なので。

かっこいいですね。

また僕の足が治ってから、皆で練習行きましょう。

———————————————————————————————————————-

こっちはEN250Fi4T 4ストロークエンジンです。 やっとこ入ってきましたー。コロナ+モデルチェンジ後は時間かかりますね。

こっちはエンジンかかりませんが、紹介動画です。

これで大阪モーターサイクルショーに新型車を持って行ける(´;ω;`)

———————————————————————————————————————-

SMproject取扱しています。

まだ他の所からフレームのグリップテープが無かったので急ぎでとりました。

なかなか良きです。

まあ、寸法きっちりでてないです(笑)切って加工して取付ましょう。

結構高級感あります。

2022以降のフルサイズ用シートカバー。ノーマル破れた時のリペアで。

フルサイズ用の前のアクスルスライダー。

モタードにする時のスライダー後側。

125/144はラジエターファンとかないので、ポンプインペラを大きくするのはどうでしょう。

ここ10年くらいのフルサイズに使えます。

こういったエンジンのカバーもあります。

オイルの入り口のボルトです。2Tと4T250-300とかに使えます。

———————————————————————————————————————-

250DUKE 中古車納車前整備です。

いつも通り後ろ回りの分解清掃グリスアップ。

エアフィルター交換。それなりに汚れていました。時間も経ってますしね。

プラグもやっぱり交換ね。

クーラントも、まだまだ使えましたが一先ずお疲れさまでした。

前回りの分解。

EXCに乗られているお父さんが、娘用に買って頂きました。

150-155cmくらいなのでローシャーシキットを付けます。

シールとフォークオイルもついでに交換しておきました。

前のキャリパーも清掃給油。

スタンドは短い物に交換。

レバー、ワイヤー類のメンテナンスもばっちり。

3月に免許を取られるとのことです。バッテリーも交換しましたし、しばらく交換する物はないと思います。

ありがとうございました。

———————————————————————————————————————-

M6の10.8の高強度ボルトをが折れちゃったので、真ん中に穴開け。どっきどき(笑)

とりますー。

おい、ロックタイト付けすぎやろ(# ゚Д゚)

夜に、ふらっとおやじ来て見ていました。

何が悪いかわからん。。。うん、僕も見て何が悪いかOK品とNG品の違いわからず。そんなことってありますよ。

なかなか骨の折れる故障でした。10時間はかかりっきりでした・・・

———————————————————————————————————————-

ちょっと通常の店よりブレーキは多少詳しいです。

10年悩んで試して解決して勉強しました(笑)

ちょとだけ販売しているサンスターのブレーキディスク

一時期はブレンボのTドライブとかも試しましたが、日本で総合的に使うならサンスターのブレーキディスクが一番良いと思います。

通常ラインナップで7種類ありますが当店では大きく↑この2種類を使う事が多いです。

まずプレミアムレーシング。よくできてます。このブレーキディスクで不満は無いです。

今までホール&スリットを選ぶ事が多かったです。KTM用がそれしか設定が無いのも理由です(笑)

色々と自分の好みに変更できます。

ここらへんは全てのラインナップはインナーはアルミで作成されています。

純正はセミフローティングでもインナーが実はスチールってのも多いです。

それをサンスターにするのも良いですね。

一枚物のスチールディスクをサンスターに変えるだけで、かなり変わりますよ。

ブレーキディスクの効き、振れを感じる、スポーツライディングされる方にオススメです。

その前に繊細にバイクの挙動を素直に感じる。ってのが良いと思います。

———————————————————————————————————————-

ワークスエキスパンド。特殊なスリットとホールが一緒になっています。

前述のプレミアムレーシングと材質も違い、スリットも太く鋭くなって、ホールとスリットも同じ場所に共存して軽くなってます。止まる事ももちろんですが軽量化、パッドのクリーニング性も良しです。

本当に良いです。一般で変える最高峰の部品です。

その代わり、個人的にはちょっとパッドの材質なんか色々考えて合わせる事が必要です。

当店の一角。

当店はサンスターのエクセルディーラーってのをしているのでサンスターさんが色々してくれます。

サンスターは当店と同じ高槻市にあります。ディスクの生産は滋賀県です。

———————————————————————————————————————-

例外としてサンスターのラインナップに無い車両はDiscacciatiを使っています。

フロントのブレーキディスクが振れているとします。

一定数、例としてセミフローティング+フルフローティングでも0.20mm振れているブレーキディスクは一度ブレーキをかければすぐにわかります。

セミフローティング+フルフローティングでの振れが0.10mmくらいだと僕の感覚ではあまり気になりません。気にして乗ればわかりますが、あまり問題は無いかと思います。

でも0.20mm、もしくはそれ以上振れていたとしたら。。。どの数値にも規定値がありますが規定値を超えて乗っていたら危ないですよ。

振れが多いとブレーキコントロールも非常に困難ですし、制動力も低下。それにABS付きの車両だと、正確にABSも効きにくくなります。 乗っても解らないからいいや~。 でもそれって咄嗟の時に危ないです。

安全に乗る、楽しく気持ち良く乗るにはバイクの挙動、バイクからの情報を感じるのは大事だと思います。

オフロードは少しわかりにくいと思いますが、振れていたらブロックタイヤでもわかります。

キャリパーはサンスターさんが出して無いので、他メーカーさん。

色々好みの物を提案しています。

サンスターのエクセルディーラーなのでオメガディスクも作成可能です。

こんなカッコイイのも特注で製作可能です。

——————————————————————————————————————

390DUKE50mmローシャーシ エンジン始動不可と12ヶ月定期点検。 走行2000Km。

各部、すんごい汚れていました。久々に汚かった。。。

スタンドの清掃給油。

フォークシールの清掃給油。乗ってないのと、洗車しないのでフォーク錆びていました・・・もっとキレイにしないと色々ダメになりますよ。

レバーの清掃給油。ワイヤーの給油。

ブレーキフルードの水分量NG。これだけでなく、やっぱバイクカバーするのがオススメです。

またまめに洗車した方が良い状態で乗れますよ(´;ω;`)

——————————————————————————————————————

390DUKEの中古車が売れたので納車整備です。中古車前にまあまあ整備しています。

Rキャリパー清掃給油。

ハブダンパー交換とベアリングの調整。

フォークシールの清掃給油。

サイドスタンド清掃給油。

レバー清掃給油。ワイヤー給油。

ブレーキフルードは交換です。

プラグ交換

エアフィルターも交換です。

長く乗ってもらえるようにしています。ありがとうございます。

———————————————————————————————————————-

390ADVENTURE 中古車の納車整備です。そんなに走ってませんが、一度リセットしておく為にも一応やっておきます。

前後キャリパー清掃給油です。

ダート走ったので、それなりに汚れが出てきました。

サイドスタンド清掃給油。

プラグの交換とETCの取付。

クーラントも交換。

エアフィルターはやっぱ砂すってますね。

前後ブレーキフルードは交換しました。

レバーは清掃給油。ワイヤーは給油です。

遠方からの購入ありがとうございました。

———————————————————————————————————————-

1290SUPER ADVENTURE S セミアクティブサスペンションのシール+オイル交換。

減衰側、かなり劣化していました。丁度良いタイミングだったかもです。

インナーチューブが鏡面になってたので、ちょっと研磨しておきました。

シールはすかすかになるくらい反力無くなってました。5年8万Kmよくもちましたよ。

フォークグリスはフックス。他のもフックス使ってますが、納期半年以上でキャンセル不可。早くコロナなくなってくれないと大変だ。代替品もテストして考えないとー。

———————————————————————————————————————-

24ヶ月法定点検+とフォークシール+オイル交換です。開店2日目に来て頂いてもう7年経ちましたね。

7年2万Km。倒立フォークでよくもったと思います。

組み立て時、ちゃんとホイールスペーサー清掃してグリスアップして組み立ててますか?地味ですが大切ですよ。

スタンド清掃給油。

レバーの清掃給油。ワイヤーの給油。

前回の車検から2000Km走行。でもブレーキフルードは水分量NGです。

また遠くまで乗るのはコロナが無くなってからですかねー。いつもありがとうございました。

なんかフォークの整備多いな。。。いえいえ大歓迎ですよ。

———————————————————————————————————————-

アチェルビスのチェスト。肩も横も無い簡易的な物です。

これ、昔から作ってるんでしょうね。MADE IN ITALY

販売用で展示しています。ちょっと乗る~オンロードの通勤用に使われます。なかなかおしゃれですよ。

———————————————————————————————————————

自分用にアチェルビスのバック買いました。

これがあると、レース前に詰め込み忘れも防げます。

同じくアチェルビスのブレストガード。

インパクトレベル2のガードです。

こっちは着るタイプです。肘と肩もガードしてくれます。

こっちもインパクトレベル2。

MADE IN ITALY

———————————————————————————————————————-

COOBERのサブコン?ECU本体が来ました。よく300EXCTPI用の問い合わせがあるので在庫しました。

またネットショップから注文受け付けています。

———————————————————————————————————————

ちょっとP3Carbon取付しました。 スキッドプレート+イグニッションコードカバー+エンジンハンガー。

なかなかカッコイイと思います。

———————————————————————————————————————-

なかなか仕上がった中古車入りました。

当店で販売させて頂いた車両です。

なかなかコロナで乗れないって方、多いです。これめっちゃいいですよ。

———————————————————————————————————————-

ちょっとプレゼントでnihiloを用意しました。

なかなかおしゃれです。自分専用の部品を付けるのって愛着増して良いですよ。

———————————————————————————————————————-

しばらく作業続きです。頑張ってやってます。

基本的にずーっと一人で作業しているので、一日のほとんど暇な時間がありません。集中力の続く時間が切れるまで作業しています。

要件の無い来店は全然OKです。整備やその相談、試乗、車両の購入、詳しい説明や見積もりが必要な場合は予約をお願いしています。

ここが聞きたい、作業して欲しい、オフロードやtmRACINGの事を聞きたいなど、急な来店は一人で対応しているので難しいです。

当店は直接買って頂いた方を会員として、その方の車両整備をメインで生業として仕事しています。売っているのはバイクですが、バイクを買った後に乗り続けた時のパフォーマンス力の継続そして延命を得意としています。

なので専門的な接客するために、来店の前に予約をお願いしています。その時間帯は空けておきます。

つまらないトラブルになってもお互いもったいないので、すいませんがご協力をお願いします。

神崎

ルスツ2デイズ前

9月15-21日は夏季休業頂きます。

勉強がてらルスツ2デイズ参加です。

完走できるか、どきどきです。

去年春、WEX朽木くらいからアチェルビスの製品をちょこちょこおいています。

1973年からイタリアでバイク用の部品を生産している会社です。

https://www.acerbis.com/motorsport/en/

プラスチック部品が有名でKTMの外装やスクリーン、ガソリンタンク、コック、ガソリンキャップなんかも作っています。

個人的にイタリアのオフロードバイクを語るには欠かせない存在です。

ちょっと昔にイタリアでアチェルビスさんと会って名刺頂いたことも縁だな~と感じました。

社名は社長さんのお名前です。

KTMグループのGASGASにもハンドガード、Fディスクガード、スキッドプレート、フレームガードなんかはファクトリー車両に採用されています。スイングアームガードはTMデザインみたいです。

tmRACINGからGASGASに移籍したイタリア出身のベローナさんはアチェルビスのウェアです。

当店GASGASは売ってませんよ(笑)

エンデューロの世界選手権、ENDURO GPでも使っている人が多いハイドレーションバックです。

たまに海外サイトでも紹介されています。

税込8360円。

がちっと4点で保持してくれます。

エンデューロ出ていると前まで使っていたバックだとレース中に何度か肩をずるっと外れちゃいます。

これ使ってからフィット感良いので、そんな悩みともお別れです。

背中も蒸れにくいような構造です。

ちょっとした工具入れも付属しています。

ハイドレーションももちろん付属。2.5Lです。

もちろん、色んなハイドレーション対応です。

大切な物を入れる時用の場所も完備。

ホース取り付けたら、こんなんです。

こんな感じに工具入ります。

ハイドレーション買い換えようかな?と思われたらおすすめです。

まだまだバック置いているんですが、腰に固定するやつ。

税込6820円です。

入り口は上を、くるんと折りたたむタイプです。

防水ジッパー。

たくさん入ります。

背中も滑りにくい構造です。

これオンオフとわずちょくちょく買われています。

アチェルビスのエンデューロジャケット、S・M・Lと在庫しています。

税込16830円。

袖が外れるタイプです。

プロテクターを中に着込んでから着るタイプです。よくウェアにパッドがついているオフロード用のウェアは、ラリー用とかのんですね。

プロテクター付けて来てください(^^)

—————————————————

690DUKE車検整備です。

フォークからのオイル漏れ整備と、足回りの点検清掃給油。

Fiランプ点灯は排気センサー不良。高温に耐えれる特殊なセンサーなので高いです。

スプロケットキャリアのベアリング交換。結構ばらすの大変なんですよね。エンジン引っ張ってのれる人は負荷かかりやすいです。壊れるのは勲章だと思ってください(^^)

エンジンオイル量が少ないです。オイル量の点検は欠かせません。

ブレーキフルードは水分量NG。クラッチのオイルは変色していたので交換です。

左右レバー清掃給油。スタンドも同じくです。

ヘッドライトも故障していたので、フォーク整備+Fiランプ点灯修理+車検で、そこそこ金額がかかりましたね。

お時間見つけて乗ってください。

————————————————————————————————–

遠方販売の690SMCRです。

R周りの点検清掃給油。

キャリパー清掃給油。

前タイヤの残量が少なかったので、S22に交換しておきました。ダストシールの清掃給油。

ブレーキフルード、交換しています。

サイドスタンド、左右レバーの清掃給油。

ありがとうございました。オイル、クーラント、バッテリーも交換しているので、しばらく部品の交換が不要なようにはしています。

————————————————————————————————–

125DUKE 定期点検です。もう8年くらい経ちますね。ありがとうございます。

調子が悪く、走行距離も達しているのでタペット調整。

不調の原因、タペット調整意外に悪いところがありました。比較的早く見つけれて良かったです。

125は回転数高めなので、エアクリーナーも汚れめですね。

フォークオイルが漏れていたのでシールとオイルの交換です。

キャリパー清掃給油。

フォークオイルを含んでいたので、パーツクリーナー原液に2時間くらい漬けてから削っています。

Rキャリパー清掃給油。

ブレーキフルードも何年も経ってるのでもちろん交換。2年に1度はやりましょう。

スタンド、チェーンも清掃給油。

レバー周り清掃給油。ワイヤーは給油しています。

ありがとうございました。次は何年後でしょうか(笑)楽しい車両なので長いこと乗ってください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

遠方販売の125EXC納車整備です。中古車になる前の整備からです。

ステムベアリング、全然劣化せずです。また持つように新しく入れ替えました。

さすがにフォークの中のゴムはアウトでした。

4CSは一部加圧される所があるし、部品点数凄い多いです。適切な時期にフォークオイルだけでなくシールの交換が必要です。

色んなフォークの中で整備が難しいフォークです。

キャリパー清掃給油。

セル周りのメンテナンス。定期的に必要です。

スイングアームのメンテナンス。グリス、悪くなってませんよ。新たにグリスの交換を行いました。

納車にあたってソフトスプリングから、ミディアムスプリングに変更。

サグだし、楽なツールで計測して調整。

キャブレターのパッキン交換。

前に一度交換してますが、ガソリンとオイルに両方強いゴムって適正価格でないですよね。で、フロートバルブ(ゴム付いているので)とガスケット類は交換です。

前のスプリングも交換。

ブレーキフルードとミネラスオイルも交換。

エアクリーナーは清掃給油。

最後に乗りましたが、125は乗っててもなんだかおもしろいです。恐怖感がないんでなんかいいんですよね。


脱線すると、tmRACINGだとまだ125CCの2ストキャブレター車両が新車で買えます。

部品が出る限り、キャブは簡単な構造(思われているより難しいですけど)なので長ーい事乗れるってロマンがあります。

キャブレターはケイヒンPWKと聞いています。

昔は違うキャブレターだったそうですが、輸入元の上坂さんが日本からイタリアにPWKを持って行って、試しに使ったらよかったので採用されたそうです。PWK古いですが名品です。

今後キャブレターが生産されなくなるかもーってことで、去年かケイヒンさんが値上げしました。けどまだ買えるって事は助かります。

日本ではまだまだ知られていないtmRACING。

ヨーロッパでは有名で、ENDUROGPのYOUTUBE見ていると結構出てます。

2020,2021とE1クラスのENDUROGPで2年連続優勝しています。これって凄いですよ。

年によって違いますが、E1クラスは4ST250CC、2ST250CCの車両が走るクラスです。

今年は

Wil Ruprecht  がE2クラスでランキング1位です。

E2クラスは4ST250-450CCの車両が走るクラスです。

出ている車両は450ではなく、4ST300です。

EN300Fi4T

今年はE2優勝ですね。

Wil Ruprecht の今年の車両。

tmRACINGは前がKYB、後ろがtmRACINGが作ったショックがついています。削り出しハブにエキセルリムも標準です。

tmRACINGは販売車両も、ファクトリー車両も大きく違いません。サイレンサーも標準と同じです。

よくあるあるなんですが、エンデューロ車両のステップピンは下から入れるのがセオリーです。

これ、あんまり整備しない店で上からピンを入れているのを見ます。下からピンを入れるのは意味があります。

(690-701は構造上、上からピンを入れます。)

なんだかんだ問い合わせ多いEN250FiES 2T。250の2Tは2022からセルモーター標準になりました。

公道走ってとなると2Tだと250無いとつらいので250の問い合わせ多いです。

ですがEn144Fiが根強い人気です。ここ2年くらい買われる方も多いですね。

とにかくコンパクトで細くて軽いので、コース走行やレース派には人気です。

125より少しだけ排気量多いだけですが、下からトルクがぐっと増えて回していけば体感4Tの350くらいのパワーがあります。

tmRACINGといえモタードも有名です。

2000年くらいからずーとファクトリー参戦しているのがtmRACING。

昔はSMX660とかクロモリフレームでありましたね。

SMX450 競技用モタード車両

2022年からワークスマシンと同じエンジンのSMK450も購入可能となりました。

受注生産で購入できます。モタード選手権出たりできませんが、欲しい一台です。

ここ7年くらいモタードの世界チャンピオンとってるのが Thomas Chareyre

今年から体制が変わりましたが強いですね。

https://www.youtube.com/watch?v=CqTJkNRkxsY

昔、彼が10台の頃に兄弟でハスクバーナに乗っている時に会ったことがあります。

ひょろひょろ可愛らしい中学生でしたが、いまじゃすっかりおっさんですね(笑)

2022年モデルですが例年通り2-3月に入荷予定です。

2022年は SMR250Fi2T を展示する予定です。(写真は2021SMR300Fi2T)

300Fi2Tはカタログモデルで売っていますが、250Fi2Tは日本向けに特別に作ってくれています。

本来なら作れてもキャブ仕様なんですが、そこは小さいメーカーの良いところでFi仕様を作ってくれました。

KTMでここまですると、270万くらいが乗り出しです。

またブログ書きます。

En144Fiも販売済み、展示販売用で入荷します。(写真は2021)

1人が買われてから皆に伝染している凄いやつです。

7年くらいずーっと2T乗っていました。125→250TPI→250TPI。どんだけ好きやねん。

最近、ISDEでも4T250や350が優勝しているしtmRACINGもイタリアでは4Tおしです。(USAは2Tおし)

久々に4T乗ります。いやー分解しているとコストのかけ方が凄いですよ。 (写真は2021)

エンデューロ用の商品でイタリアのBITINGと取引しています。

親会社は機械加工会社でバイクの部品も作っています。

ずーとっ連絡し続けて、やっと振り向いてくれました。1年くらいメール打ち続けてました。

日本に入荷している2021年以降のENに使用可能です。

前は270mmです。

当店のネットショップで購入可能です。

今までイタリア国内でしか販売してこなかったのですが、嬉しいです。

ブレーキディスクとして、とても良い製品です。丁寧な機械加工で作られているのが見ているだけでわかります。

tmRACINGのブレーキディスクはFが一枚ものなので、セミフローティングで軽くコントロラブルになります。

またSMR用も入荷します。

http://ktm-osakakita.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2734432&csid=0

2年間、ENDUROGPでtmRACINGをクラス優勝した車両です。

EN250Fi4T 4ストの250

写真で見るとわからないのですが、とてもコンパクトです。

Rショックの上側のマウント部分、フレーム製造後に機械加工されてます↓

左のジェネレーターカバー、標準品とちがった削り出しに変更されています。こういったファクトリー部品も購入できます。

右カバー、同じくファクトリー削りだしの物を購入可能です。車両購入時のオプション、後からでも交換可能です。

シリンダーヘッドカバー見てもらうと、黒いゴムないですよね。

シリンダーヘッドカバーがOリング保持です。

加工精度を良くして作る必要があるのでコストがかかります。代わりにコンパクトで熱を持ちやすいシリンダーヘッドの熱をヘッドカバーに逃がしやすくなり、全体的にコンパクトにできます。

小さいタペットカバーだけってのはありますが、ヘッドカバー全体をOリングによる保持するのはコストかかるのであまりしません。

ただ価格が高いってだけでなく、こういった工夫しているので相応の価格です。

シフトドラムを動かす機能の左の部品、オンロードや他社のエンデューロモデルに使われている物より小さい作りの物を使用しています。

クランクケースはクランクシャフトでエンジンオイルを攪拌しないように、エンジンオイルをサクションポンプでミッション側に送る構造です。

14番のボルトなんですが、画像の下の部品番号表を見てもらうとM5のボルトを使っています。

軽さの要因の一つです。

ピストンリングはエンデューロ用なのでピストンリング2本、クランクのウェブは高回転エンジンらしく🍙型です。今のオフロードでこの形は珍しいです。

9番はミッション室に行く圧がいくのを防ぎます。

時間があれば、一度分解してみたいです。

基本的にずーっと作業しているので、まとまった休憩がありません。作業して急に質問されても人と話して考えるのも厳しい所があります。

要件の無い来店は全然OKです。お店の車両や部品を見てください。

ここが聞きたい、作業して欲しい、tmRACINGの事を聞きたいなど、急な来店は一人で対応しているので難しいです。

接客するために、来店の前に予約をお願いしています。

つまらないトラブルになってもお互いもったいないので、すいませんがご協力をお願いします。

神崎