AUTOSHOP YOSHIMASA since 1971

Blog

年末と年明けの事

2021年になりましたね。今年もよろしくお願いします。

やっとブログ使っているワードプレス。まともに画像認識してくれるようになりました。半年?一年ですかね。ちょくちょくアップデートしてくれるのはいいのですが、使い辛いのはきつい。

ほんとそんな事が多いです。これで少し楽になりました。


冬は林道が気持ち良いっすね。林道ツーリングの下見に行ってきました。

390ADVENTUREはオフ性能が高いので、楽にクリアー。

Yさんは新車のCT125。いつも楽々で行かれるのですが、前後17インチでクラッチもないので、珍しく苦労されていました。

人気のないところで休憩です。Tさん、あんまり走らないのに普通に来られて意外に凄いです。

コース走行も良いですが、林道も面白いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

大阪市内で展示会。ファン&ライド。今年は3月にする予定です。

赤レンガ倉庫、大阪市内にもあります。おしゃれでした。

隣のブースではDUCATI、BMW、トライアンフやっていた時の同僚の重さんがいたので嬉しい再会でした。今後も続きそうです。

ちょっと仕事の車両配送をお願いされたので、久々に行ってきましたSmotorcycleさん。

おしゃれです。一緒に頑張ってきたいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

帰りは寄り道して、芦屋の彩華ラーメンだった所へ。

相変わらずおいしかったです。

——————————————————————————————————

仕事で日帰り北海道。朝6時の電車です。からの関空。片道7000円。

セイコーマート、久々で嬉しかったです(>_<)

今年は北海道へレースしに行きたいです。

——————————————————————————————————

メーターが真っ黒で点かないとの事で、色々調べたら配線図に無い部品が???

パーツリストにはあるんですよね。この部品のパンクでした(´;ω;`) 外車あるあるです。なんでもかんでもデータが正しい訳ではないです。誰かに聞いたらわかる訳でも無い。実際目の前にある車両を直すだけです。

聞いて何でもわかるメーカーさん、羨ましく思います。

——————————————————————————————————

そして元、あの方の車両の整備。

あんまりKTM以外の車両はやっていませんが、知っている人でフォークの整備だけだったので。殿の言葉だと断れない(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

トップブリッジのベアリング交換。

この為だけキレイに一発で圧入出来る工具のアタッチメントを工具鋼で作りました。

ピタッとあいます。

若干、合わない工具(それようの専用工具なのに)だったので自作してピタッと寸法合わせると気持ち良く早く終わります。

当店の790ADVENTURER Rも準備中です。

ステップはVANASHEMOTORSPORTSのワイドステップへ。少し下に+少し後ろに移動します。

2周り大きいですが、重量は少しだけ重くなります。グリップ安定します。

Fスプロケカバー交換です。

新品のチェーン、グリスの中で組み立てているので新車状態でもスプロケットカバー裏がグリスでいっぱいです。新車でとりますが、どんどん遠心力でグリスが飛んで、熱で溶けて出てくるのが多いです。

スイングアーム外してスイングアームのベアリングもグリスアップして、組み立ててます。

————————————————————————————————–

チェーンアジャスターも外してグリスアップです。

そして前回り。

ステムも抜いてグリスアップ。

サスペンション前後のスプリングはソフト入れました。

軽量なスタッフに乗ってもらうと、オンロード車両くらいのライディングサグ。これでオフロードも良い感じでしょう。

Rも分解清掃グリスアップ。スタッフにまたがってもらいライディングサグもOK。

フロント周り、まだ終わりません。

Fブレーキディスクのシングルディスク化です。

部品は何度も使っているブレンボレーシングを使いました。

高いな~と思われるかもですが、オーバーホールして長い間使えるのでオススメですよ。

Discacciati ディスカチャティ もやってます。 ブレンボもいいですけどね。

1290SUPER DUKE R用。厚さは5.3mmです。ちょい厚です。

EXCをモタードにするディスクです。

同じくEXCをモタードにする時のキャリパーです。キャリパーサポート無しで組んだ方がカッコイイですよね。

これ、スポークに干渉しないようにスポーク側が薄い作りです。

キャリパーにあるように作られたマスターです。

いつもローラ・ディスカチャティさんが連絡とってくれています。

ブレンボから独立された技術者の方が立ち上げた会社です。

ブレンボは鋳物のキャリパーからCNCキャリパーまで作っている、世界中でOEM生産している大きな会社です。

ディスカチャティはMade in 100% Italyを大切にしているブランドです。大きな会社ではなく数を生産していないので、CNC部品だけを作っています。鋳物になると大量生産になりますからね。

EXCをモタードにしたい方は、どうぞおねがいします。

790-1290ADVENTURERのブレーキディスクという事で購入しましたが。。。

全然合わへん(笑) どうも違う品番だったらしいです。まあ、海外製品ありありですよね。 海外の人と連絡しているとミスが多いです。そんな所も多めにみてあげてください。「誰にでもミスはあります。次回から気を付けます」 と、いつもどの国の人もメールをくれます(笑)世界的にミスって寛容です。納期もそうです。

VANASHEMOTORSPORTSのFスプロケットカバーですが、790-890ADVENTURER用です。

790-890DUKE-Rに取り付けると一部当たっちゃいます。

ちょっとアルミカラーと、それに合わせたボルトを取り付けると回避できます。

良かったら、790-890DUKEなどにもつけてください。ここ、オレンジアルマイトになるとカッコイイですよ。

Bonamiciracingのステップ。RC125-390+125-390DUKE用です。

790-890DUKE/R用。

WSBのレッドブルホンダ公式スポンサーです。ここも100%MadeInItalyと箱に書いています。肉抜きも多くて丁寧な作りです。オレンジが好きって方、よろしくお願いします。

さっそく、ありがとうございました。790DUKEのオーナーさんにはレバーセット最高に良いと思います。

ありがとうございました。

既存のパワーパーツステップのカスタム。

ステップバーをもっとグリップの良いものへ。カラーは急いで2階で作りました。

ヒールガードは分厚くしました。このカーボンは高槻の会社です。

890DUKERの納車整備。新車一台づつやっています。

Rホイールのベアリング調整。ダストシールの清掃とグリスアップ。

チェーンアジャスターも固着しちゃうと大変なので一度分解。

清掃して水に強いグリスでグリスアップして組み立てます。

言われないとわからないのですが、重要です。

アクスルシャフトはグリス塗って、ベアリングまで毛細管現象で水が入るのを防ぎます。シャフト自体の錆びも防ぎます。

Rキャリパーのスライドピンも別のゴムに優しいグリスにします。

トルクのかかる接触面にも薄くグリスを塗ります。でないとアルミのあたりが強くなり削れます。

アクスルをチェーンアジャスターに平行にして組み立てます。チェーンアジャスターは0.2mmの寸法で合わせます。

パッドは面取り、鳴き止めの専用グリス塗ります。でも鳴くときは鳴きます。

Fホイールはバランスを取り直し。

ピンチボルト、低いトルクで締めます。雨風当たりますので必ずグリスアップ。

よく、ここが乾いていると締める時に途中でトルクが急に高くなるので注意です。ここのボルト、締める時に凄く重要です。

————————————————————————————————–

アクスルのボルトは45Nmかかるので無潤滑だとアルマイト剥げます。うっすらと剥げかけた後があります。高いトルクに耐えられる専用のグリスを塗って組み立てます。

キャリパー外してすぐは、ロックタイトが残っているので取り除きます。

セラミックスクレーパーで傷がつかないようにキレイにする事を心がけます。

雌ねじのロックタイトが残っていると、規定トルクで締めても規定された軸力が得られないのできちんと除去します。

ボルト側のロックタイトも同じくです。

キャリパーはピストンの動きが良くなるように一度出して

専用の油脂を塗って、きちんと握った時にピストンが滑らかに出るように揉みだしします。

高いトルクかかる所に塗るグリスを塗って、ブレーキディスクとキャリパーが平行になるように工夫して組み立てます。

んん、書くのは簡単です(笑)

サイドスタンドを外してグリスの塗りなおしです。

クラッチレバー外してワイヤーの給油。それと縦方向のガタ調整。

グリスはオールマイティーに◎で、その中でも水に強い物を使っています。

オーストリアモデルはブレーキフルードを交換します。

トップブリッジの調整もします。フォークのボルトは全部取り外して適正トルクで締められるようにグリスアップします。

インドモデルはロックタイトですが、オーストリアモデルはロックタイト塗られていません。一度外してグリス塗って組みなおします。

ちゃんとトルク守って組み立てます。

この写真で組み立てているのは一例です。全部載せると凄い時間がかかるので。

まっすぐ走り、気持ち良く止まれる、気持ち良くコーナーリング出来る車両にしています。

450EXC 販売ありがとうございます。

オフロードの中古車はたいがい中古車完成前に整備済です。

スプリングはソフトからノーマルに変更です。

エンジンオイル、ブレーキフルードも交換です。

プラグも交換ですね。

遠方でのご購入、ありがとうございました。

当店のデザイナーさんと鳴らしツーリング。凄く対照的な2台ですね(笑)いつもは790DUKEに乗られています。

REBEL X ラリーキットを付けて実家へ。こんなに雪が降るなんてなかなかないです。

膝くらいまで雪でした。

メタセコイヤ並木から上は大変な事になっていました。まさか家に帰ったら注意報が出るとは思いませんでした(笑)

2021年は790ADVENTURER R×REBEL Xで楽しもうと思います。

どこかでタイヤ交換された方の車両。サイレンサーのボルトが無かったです。

こちらも気を付けないと。

半日林道ツーリング。初オフロードな方は2名です。

あんまりかたまらないように山へ。

お昼は本瀧寺さん。美味しくいただきました。

季節によって景色がとてもいい場所です。ぜひ行ってみてください。お店の定休日にカレーやってたら、もっと行きたい所です。

遠方から通販、ありがとうございました。

X-GRIPのラジエターガード、Rディスクガード、スロットルポジションセンサーガード、ありがとうございます。当店でが鉄板商品です。

FLOのステップ、棒立ちで乗っても凄くグリップします。これ、凄い好きな方も多いです。

250EXC TPI SIXDAYS の納車整備。購入を一年待って考えての購入です。ありがとうございます。

30mmローシャーシ。体重も軽いのでスプリングは前後ソフトです。

トップブリッジもグリス入れ替えました。

見た目よりガード類、操作系、あったら楽な装備を付けました。

Rディスク、知らぬ間に傷いってるのでディスクが曲がる前に付けましょう。

スキッドプレート、パイプガード、フォークラップはP3Carbonです。

スイングアームカバー、スイングアームガードを付けました。

女子ライダーさん、まだ20台前半で頑張りました。さっそく仲間たちと雨の中林道に行かれていました。何かのせいにして挑戦する人は多いですが、彼女の挑戦する姿はかっこいいです(笑)

次の参加イベントはWEXのプラザ阪下です。色んなイベント待ってます。楽しみですね。

神崎

10月末

この間の台風で自動販売機横のゴミ箱が飛んで行ってました。

通勤中の信号が傾いていたり、カーブミラーが落ちていたり、当店も復旧に時間かかりました。

週末の台風にも気を付けましょう。

 

 

スタッフ二人は165cmですが、ガソリン入れてきてって言って乗ってもらっています。

皆には,どんどん乗ってもらっています。

乗らないと、正常な状態がわからないと思います。

日々、色々な所を感じてもらえたらと。

乗ると軽いし、乗り易いし良いですよ。ほんと。

パワーパーツで熱対策部品が出ていたので交換しました。

写真は交換し終わった部品です。

夏場効きます!まだまだ先ですが(笑)

 

 

 

EXCの預かった整備もひと段落。

サイドスタンド、一年に一回くらいは分解して清掃給油必要かな。

でないとスタンドが削れて長穴になっちゃいます・・・

ちゃんと守ってあげると、壊れるなんてないと思います。

こちらも外したら点検しておきたい所。水入らないようにダストシールの清掃給油しておきました。

 

250DUKEの納車整備。

後ろは撮り忘れました。。。

長持ちするようにグリスアップ。

チェーンは清掃後、チェーンオイルを塗ります。

アクセルも給油。スパッ!と戻るスロットルが持続するようにします。

 

サイドスタンドもばらしてグリスアップとシム調整。ガタが少なくなって、パンッ!と気持ちよく戻ってくれます。

 

組み立てて見ると、何も変わり映えしませんがガタも少なく、気持ちよく戻ります。

メーター変わりました。大きくなったので見やすいかな。

メーターのプログラムが新しかったので更新しました。

 

中型免許取り立てので、初めてのバイクがKTMの女子です。

遠方ですけど、楽しんで乗ってください(*^_^*)

 

 

 

さて125DUKEの納車整備です。

レバー回りのグリスアップと調整。

ホイールベアリングのプリロード調整してグリスアップ。

フロント周りが振れる、感触が悪いなどと昔から相談を受けたりいましたが、きっちり組んであげると何事もなくなおったり。

ただ組み立てているわけではなく、経験とデーターとマニュアルを総合して組み立てています。

Rサスはスプリングの交換

 

Fはバネ交換、スペーサー追加などです。

このくらい短くなります。

もちろん、レバー回りのグリスアップもやってます(*^_^*)

 

 

洗車後はヴィプロスさんのクリーンイノベーターで簡易的にガラスコーティング。

ここらへんの樹脂むき出しの所もきっちり塗っておきます。でないと白~くなっちゃいます。

点検の時などで塗っていますよ。

 

息子さんの為に御夫婦で取りに来られました(*^_^*)

奥さんも乗る為に中型免許とられるそうです。頑張ってくだい!

 

 

Fブレーキキャリパーボルトの締め付け。

ロックタイトを除去。

除去した後、パーツクリーナーで清掃します。

 

もちろん、相手側にもカスがあるので除去し清掃。

それなりに出てきます。

ロックタイトの残りかすをとらないとトルクで締まっても、ほんとは締まっていません。注意してください。

それからボルトにグリス塗布、規定トルクを分けて締め付けます。

フロントキャリパーの組み方ですが、ここに書いていない事も多々しています。

機能していると、ちゃんと確実に機能するとでは大きい差だと思います。

 

 

ボルト、ナットは御互いに異物が無い状態が適正です。(下手な絵です。。。)

異物がネジの谷部分に入っていたりすると、トルクレンチで締め付けトルクを設定して締めても、回転する摩擦力が強くトルクレンチが作動してしまいます。

設計時には無い、無駄摩擦力を減らして良い状態で締め付けする事が必要です。

 

でないと適切な軸力は得られず、規定トルクで締まっているけど、緩んでしまうという現象がおこります。

ネジの一部、山の部分が何かで削れてしまっている。または噛みこんでいる。

山が潰れていると、締め付けトルクがあがっても締め付けされていませんので、ダメですね。

M10までならタップもダイスも用意しているので、ある程度対応が可能ですが、それ以上は対応出来ません。

(ロックタイトを除去するタイミングもないし、大きいネジ径の物にダメージを与える事がないのでありません)

 

年に数回、自分で整備している方の車両緩んだまま来られることがあります。

ちゃんとした工具を使っていて、ネジ山を清潔にしていればトラブルは起きないと思います。

 

緩まないように、規定トルク以上で締めています!と聞きますが、それスプリングバック効くのか?

規定値以上に締め過ぎた場合は反対に緩みます。ちゃんと守って締めましょう。

 

 

この間の茂木、整備時の写真。

 

アクスルシャフトのネジ山の部分は浮かせています。異物があると適正な締め付け出来ない為です。

 

整備工場ではゴミが入らないようにステンレストレイにて部品を管理したりしています。

当店舗でもネジ山に少しでも異物があると清掃、それでもとれない場合はタップしています。

締め付けトルクの高いネジ山などは、一度緩めるとグリスが劣化して色が変わってしまっている事が有るので、一度清掃してから再度グリスアップしてから組み付けます。

 

 

輸入車バイクショップ歴10年超。だいたい2万時間超、バイクの整備をしています。

ボルトを締めるのって、奥が深いです。

 

写真は日本特殊螺旋工業のベータチタニウムのボルト。

購入して頂いた方のナンバープレートボルトに付いている物です。

僕が見てきたボルトの中で最高のボルトです。

 

先日、日本特殊螺旋工業の社長さんが来店されました。

今まで専門書や勉強してきた事とボルト専門の方と話してあっていたなと直接聞けて良かったです。

とても勉強になりました。

お土産、皆で食べました。ありがとうございました<(_ _)>

 

 

新車購入時にUSBチャージャーを付けるのが70%程いらっしゃいます。

スマホホルダーとセットで購入は多いです。

 

テスト用で購入しました。

数字で見えると安心感があります。

 

 

急激に寒くなってきたので、空気圧は大丈夫でしょうか。

気付いたら下がってますので、気を付けて下さい。

遠方でパンク、辛いですよ。

 

 

今の内、自分の690DUKERを乗っとかないと。

最近、店から出て亀岡でダイコクバーガーで食べて帰るってのが流行ってます。

 

カッコだけですが、最近のお気に入りのレバーを作っている会社のレバーガードを付けました。

削り出しがGOOD!

マスターも少し細工。

 

ブレーキディスクはブレンボじゃなく、サンスターさんのプレミアムレーシング5.5mm。

この0.5mmが効きます。ボルト、カラー、パッドピンはベータチタニウムさんです。

自分の中じゃ鉄板ですね。

かっこいいし、効きも良し、何よりコントローラブルです。変えた方も絶賛です(^^)

タイヤはスーパーコルサSP

他のも試したいので、のらないと。

 

帰りは寄り道して大阪市内の喜多呂さん。

ミンチカツ入ったB丼。美味しかったですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

頂きもの。

美味しい物を、ありがとうございました<(_ _)>

夕子、久々に頂きました。ありがとうございました。

 

11月22日、水曜ですが河内長野のプラザ阪練習会します。

平日かなり空いていますので、後ろを気にせずエンデユーロコースを楽しんでもらえます。

安心感がありますよ~。

最初はみっちり基礎練習してからコース走りましょう。

走った事が無い人も、いかがでしょうか。

当日、雨のようならやめましょう(笑)

前日雨なら面白いので行きましょう!

今の所、4名ですよ~。

 

神崎

スプリング スタートアップ キャンペーン 2

最近、まれに愛犬がいます。

噛まないと思うので、触ってもらうと本人喜びます

 

 

ついに来ました。

 

 

ブレンボのEXCに使えるRキャリパー。

今の車体だけでなく、次の車両にも使えます。

ずっと使えるので、高い買い物では無いと思いますよ。

 

FACEBOOKで宣伝しましたが、ドイツブランドのドイツ製。オルトリーブの防水バックを取り扱い始めました。

 

モデルは20代の390DUKEユーザーS君。

もちろん初めてのバイクがKTMです。

背中が蒸れにくい構造で、バイクに乗ってもずれないような工夫がいっぱい詰まっています。

僕も使っています。

僕みたいに通勤中に突如雨が降ってきても安心です”(-“”-)”

ハイドレーション対応のバックもあります。

それと反射素材のバックも有るので、ライダーにはオススメしたい一品です。

是非、手に取ってみて下さい(^^)

 

 

 

高い柿の種もらいました。

本命ですかね。ありがとうございます(笑)

 

 

初めてのバイクがKTM。

22歳の方でRC390を選んでもらいました。

 

前後足回り整備をとり忘れ。

ちゃんと長く乗れるように細かい所の整備をしています。

ハイスクリーンはどうだってでしょうか?

これから暖かくなるので楽しみですね(*^^*)

スプリング スタートアップ キャンペーンでの購入ありがとうございました(*^^*)

 

大きいのと小さいの。

もうRC8Rは完売しましたが、ただ純粋に乗ると楽しい良いバイクです。

 

 

RC8Rはタイヤ交換。

 

それとブレーキホース作成。

安全を見てステン派です。

赤いバイク触っていた時はよく作った記憶が有りますが、KTMでは全てメッシュなので久々の作成です。

そのうち、「ブレーキホースって作れるんですか!」って時代が来るかもしれません。

 

この工具も年数回だけ使います。こちらも久々(笑)

 

 

遠方から1290 SUPER DUKE Rの点検です。

点検項目通りに前後足回りの点検で外します。

Rホイール外すのも点検項目なので必ずしなければいけません。

雪の多い所なので、うっすらインナーチューブが錆びています。

錆をとってフォーク用のグリス塗って、ダストシールの清掃。

タイヤはツーリングよりへ。

 

ありがとうございました!

 

こちらは少し遠方からの初回点検でした!

 

それと125-390のDUKE+RCで細々とやっているカスタム。

ノーマル

交換後

ノーマルがガタの多い軸受を使っているので、少ない物に交換します。

日本で免振システムなんか作っている所の製品です。

 

交換後にちゃんと真っ直ぐ力がかかるようになっているか、レバーの角度を見てからしています。

整備免許持っててもDIYでされている方で、ちゃんとついていないのが90%以上です。

あんまりバイクの整備士でも気にしていない人が多い・・・のです。

シフトが硬くなる他に、シフト入らない事にも繋がるので無知で付けてしまうと危険で高くつきます。

ちゃんと知識持っているディーラーさんで。

 

 

 

ヤマモトレーシングさんのフルセットを取付。

 

ヘリサート使ってネジ部の強度を上げるんですが、ヘリサートもバイク屋さんで出来る人が少なくなって、

内燃機屋さんの仕事になってきてるみたいです。

保証保証と言われる世の中で、内燃機屋さんも一般の人を相手に出来なくなっているそうです。

 

ヤマモトさんのマフラーはカッコイイだけでなく、乗り味、音、性能も良いです。

390オーナーさんにオススメです。

 

当店なら

スプリング スタートアップ キャンペーンの併用可能です!

もちろん10万円を超える分は別途必要です(^-^)

 

 

先日、偶然にも京都のオフ好きな方が集まりました。

ふらっとしか来ない人が偶然出会う。

奇遇ですねぇ~。

風邪ひいててオフ乗れていません・・・林道ツーリングの開拓は遠い・・・

 

神﨑