AUTOSHOP YOSHIMASA since 1971

Blog

梅雨明け?の作業など

MOTOGUZZI V7Stone入荷しました。入荷まで半年かかりましたね。このご時勢、しょうが無いですね。

オレンジはKTMに乗られている人が購入されました。実車見ると朱色みたいな感じですよね。

特徴的なLEDヘッドライト。かっこよくないですか。

意外とラメオレンジが良いって人、おおいですよ。

定番の黒。日本での販売台数は一番です。

普通に画像で見るよりかっこいいですよ。

なかなか雰囲気ありますね。

よろしくお願いします。

倉庫に入れてたりするので、いつでも全色見れません。どれか実車もみれますので、よろしくお願いします。

————————————————————————————————————

tmRACING やってもそうなんですが、KTM時代も125ccってなんかあまり手に取りたがらない人が多いです。

JECのIAの方でも125の2Tの方、いらっしゃいます。動画でも125ccってくくりでは言い表せないポテンシャルがあります。125も144もとても軽くて人気のあるモデルです。

————————————————————————————————————

ちょっとtmRACINGの話題。

世界選手権のモタード、4スト450ccのクラスです。

半分がtmRACINGです。なかなかな結果です。ちょっと興味を持ってもらえたらな~と思います。

————————————————————————————————————

世界選手権のエンデューロ、ENDUROGP。

世界選手権での先日行われたイタリア開催での動画。

tmRACINGが表紙です。

ちなみに1分45秒の所、凄いです(笑)

シリーズ戦になりますが、今tmRACINGがクラスチャンピオンです。

なかなかtmRACING、エンデューロもですが日本では知られていません。

でも、tmRACINGってエンデューロもモタードも世界ではトップクラスです。

エンジンの力もあります。でもコントロールしやすい車両で、他社よりコンパクトなポジションで軽いのも売りです。

ちょっとでも興味をもってもらえたらと思います。

————————————————————————————————————

店舗改装も進みました。

70才のおじいも頑張ってくれていました。

今度はながい事、この看板で出来ると良いな~。と思います。無理しても続かないのでこつこつやります。

————————————————————————————————————

先日、時間が合ったので高槻メンバーで夜飯です。

たまには集まって色んな話するのも面白いですね。

———————————————————————————————————————————–

790DUKE タペットの点検です。

20000Km走行です。もうそろそろやっておこうかと。

ずれているところ多数。

8個中、6個調整です。エンジンかけるまでドキドキです。

オーナーの方に聞きましたが、今まで車両を購入したどのメーカーの販売店でもタペットして欲しいと言ってもしないみたいです。

タペット点検出来ても、タペット調整出来るメカニックがいないと思います。僕が業界に入った時から、タペット調整出来るメカニックが少ないように思います。

昔いたDUCATIの販売店で働いていた時、距離を大幅に走ってて誰もタペット調整しませんでした。

タペット調整やらなくても良いよ!問題無いよ!と言われてタペット調整したら不調も直りました。

決まった距離、時間でするのはする方が良いと思います。

分解するとトラブルの元ですし、やらないといけないのに、やらない。待遇も悪いので、いつの間にか出来るメカニックが業界から減ってしまいました。

なんとも寂しいです。

エアフィルターも汚れていました。距離相応ですね、

ブレーキフルードは水分量NGです。

もうちょいで車検ですね。お待ちしています。

———————————————————————————————————————————-

790DUKE 中古車販売させて頂いたので整備です。

当店の試乗車、僕の車両でもあります。中古車化の時に色々と整備済です。

キャリパー清掃給油。

フォークシールの清掃給油。

サイドスタンド清掃給油。

チェーン磨いて調整給油。

後ろ回りの点検清掃。

キャリパー清掃給油。

ブレーキフルードは交換です。

レバーは清掃給油。

ワイヤー給油。

エンジンオイルは交換。

250ccから排気量アップですね。楽しんでください。

——————————————————————————————————————————

そろそろ自分のtmRACINGも整備します。まずは林道ツーリングから。

———————————————————————————————————————————–

1290SUPER DUKE Rの中古車前の整備です。

タイヤが減っていたので交換してから展示します。

10000km前なので前後タイヤを交換。ついでにRハブの清掃給油。そんなに悪くない状態でしたら、これで新車時より良くなります。

FRキャリパーの清掃給油。

購入時にはレバーやサイドスタンドなどいつも通りの整備や、油脂類バッテリーなどの消耗品を交換させて頂いています。

———————————————————————————————————————————MOTOGUZZI 1000Sの30年分のメンテナンスをします。

タイヤを交換しよと思いましたが、リムの空気を密閉する部分が汚れています。

硬くてなかなか剥離する事が出来ません。難儀です。

前後すると手も真っ黒です。

タイヤのサイドがばっくり割れています。

この状態では乗れませんね。。。

タイヤはファンムRSです。リムサイズに合わせてタイヤを選定しました。デザインもグリップもOKでしょう。

久々にこんな太いアクスルシャフトを持ちました(笑)中空では無く中に身が詰まっています。

エンジンオイルフィルターの交換したことがないだろうと思い分解。

オイルフィルターが緩んでいました。調子良く乗っていたので、そんなんしなくても良い!とか言ってましたが、散々ですね(笑)それにオイルフィルターが手で緩んでて、オイルパンの底も汚れていました。

そこから見えるのはクランクシャフトです。さあ、どこまで整備しようか悩んでいます。

前回りも分解。まだまだここから分解しますよ。工具待ちです。

30年経てば、ステムも終わっています。

 下側は打痕ありです。

お疲れさまでした。。。

ベアリング交換のため、2階の旋盤でアダプターをA2017で作ってベアリングを圧入です。

こうやった方がストレス無く、良い感じに取り付けできます。

———————————————————————————————————————————-

なかなか流通していないブラックボックス内のエラーで、配線加工です。

なかなか悩みました(笑)2時間?くらいでした。

———————————————————————————————————————————-

最初の車両はなかなか作業進捗が進みません。

安心のNSK。見えない所もお金をかけてます。真面目なバイクです。

スライドピンのグリスを高グレード品に交換。

めっちゃ久しぶりに見ました。

他に次回分解時にメンテナンスサイクルが長くなるようにしました。

前回りも分解整備。各部調整とグリスアップ。それとFホイールのバランスとり。5g単位で合わせます。

ピアジオ関係のFブレーキキャリパーは六角の7mm多いイメージです。

7mmって売っている所が少なくて。。。本来ならネプロスを買うのですが売ってない。ハゼットの7mmは8mmを削って作ってるみたいです。

同じブレンボ4POTでも、ブレーキ鳴きが少なく効きもそこそこなタイプ。V7にはちょうど良いかも。もっと効きが良いのが良い人は同じブレンボで選べます。

ステップの可動部はブッシュ支持なので

長持ちするように分解してグリスアップ。

右ステップもグリスアップで分解。

ここもグリスアップ。下のブレーキペダルの可動部は金属入れて摩耗を防いでます。長いこと乗れるように珍しい工夫です。

シャフトの軸部も同じくクグリスアップです。

念のため、ブレーキフルードは交換です。

自分のバイクならブレーキフルードは変えたいですから。

オーナーさんの希望でGIVIのRキャリアを付けました。

質実剛健ってかんじですね(笑)

MOTOGUZZIの納車整備抜粋でした。


KTM用に診断機を慎重しました。

高かったです。。。色んなメーカー見れますが、僕が使うのは一部だけかな。元々、ここはMOTOGUZZI純正の診断機を作っていました。今はDUCATIとかの純正の診断機です。ちなみにMadeInITALY。

DUCATIの一部の年式もよく整備していたので、また時間を使ってやろうと思います。

tmRACINGの診断機です。

青いところ、何気に削り出しです。

MOTOGUZZI用です。

診断機いっぱいあって、なかなか使い慣れるまで時間がかかりそうです。

———————————————————————————————————————————-

100%MadeInITALYで物づくりしているSamRacingpartsさんとは数年の付き合いになりますが、ちょっとサプライズを

会社のロゴマーク入りです。レーザー刻印もSamRacingpartsさんでしてもらってるので100%MadeInITALYです。

めっちゃ嬉しいです。

今回のオーダーでは、少し黄色の部品も特別に作ってもらいました。言葉も言語も色々違うけど、なんか色々と話せると良いです。日本で少量の対候性の強いアルマイトを、少量多品種でするって凄く嫌がられると思いますがイタリアでは普通に対応してくれます。

普通はtmRACING用の部品は青だけです。

アクセントで黄色を付けるのも良いかもです(≧▽≦)

———————————————————————————————————————————-

MOTOGUZZI V7Stone 乗れるように準備中です。

Fアクスルはベアリングと接触するところだけ少し太くなっています。ほか所は切削してて軽量?しています。

ちょっといたずらで、Fホイールの中のカラーを

A2017 ジュラルミンで作成して交換します。

1/3くらいの重量になります。

左右のカラーも

一緒に変えちゃいます。

純正のカラー内径20.16から

ちょっときつめの20.06で作りました。鉄からジュラルミンなので少しでも強度が出るようにしました。

白アルマイトしていますので、見た目も変わりずらく質感も良い感じに作っています。

ETCなど付けました。整備性、比較的良いですね。

ガソリンタンクのマウントはアチェルビスさん。

ブレーキフルードは変えちゃいます。

スロットルチューブは潤滑、スロットルケーブルも潤滑。

それと調整もね。

クラッチケーブルの潤滑。レバーも潤滑。

摺動部分はグリスアップ。クラッチ操作の度にこすれますからね。

後ろ回りの整備です。

左ステップのグリスアップ。

右ステップのグリスアップ。

真面目に長く気持ち良く乗れるようにしています。

———————————————————————————————————————————-

たまーにクシタニさんの動画見ています。

かっこよく乗るって、良いと思います。かっこ悪く乗るより、かっこ良く乗りたいです。スマートに乗りたい。かな。

スムーズに乗るのって、とても難しいです。

でも、乗りやす誰でも乗れる車両が乗りたい人もいれば、そうでない人もいます。

難しいから面白いんです。

誰でも乗れるのが良い、簡単に乗れるなら良いのなら、カブや125ccスクーターで十分になります。

原点に帰って、バイクを操るって事を楽しむのも良いと思いますよ。

———————————————————————————————————————-

しばらく作業続きです。頑張ってやってます。

基本的にずーっと一人で作業しているので、集中力の続く時間が切れるまで作業しています。

要件の無い来店は全然OKです。整備やその相談、試乗、車両の購入、詳しい説明や見積もりが必要な場合は予約をお願いしています。なぜかよく重なるので予約がベターです。

ここが聞きたい、作業して欲しい、MOTOGUZZI、オフロード、tmRACINGなどの事を聞きたいなど、急な来店は一人で対応しているので難しいです。

僕もあまり作業が中断するとミスも起きるので出来る限り集中したいです。

当店は直接買って頂いた方を会員として、その方の車両整備をメインで生業として仕事しています。売っているのはバイクですが、バイクを買った後に乗り続けた時のパフォーマンス力の継続そして延命を得意としています。

なので専門的な接客するために、来店の前に予約をお願いしています。その時間帯は空けておきます。

つまらないトラブルになってもお互いもったいないので、すいませんがご協力をお願いします。

神崎

新しい年

ご存じの方も多いですが、今年から店舗の形態が変わります。

整備に手は抜かず、ブログの通り+αで今までの技術を生かして作業しています。

修業時代、もうちょっとここをこうしたら良い。ここまでする事になっているのにしていない。ちゃんと真面目に整備した車両を乗って欲しくて自身で整備しています。

メカニックとして、ライダーとして、機械好きとして、安全に気持ち良く曲がって止まれる車両に乗ってもらえる定期メンテナスをしています。フィーリングと数値での測定。両方のバランスをとって良い味を出す。それが一番の商品です。

昔はやっていた、でも今は時間や技術不足でされない+αなメンテナンスやカスタムを真面目にしています。

いつもお世話になっているROCKSさん。

https://rocksdesignoffice.tumblr.com/

最近、ご自身で今まで乗ってきた車両の画像を更新されました。

これ、めっちゃカッコイイと思います。僕も自分の車歴を出して作ってもらおうかな~なんて思います。自身の車歴を調べる。画像を探す。横・縦・斜めと探して年式や色も探す。これ10時間とかじゃ終わらないです。

それでも気に入った方はROCKSさんに尋ねると面白いかもですよ~。

会員さんのTC125 一年間WEX西日本全戦、毎週ウッズ下市での練習と遊びたおしましたね~。

後ろ回りの分解。Rサス漏れてたのでオーバーホール。

リンク周り錆び+劣化です。

なかなか黒いです。ここまでくる前に~。写真無いですがスイングアームシャフトまあまあ錆びてました。あかんヤツですね(笑)

清掃済。

スイングアームのピボット部。

まあ劣化してますよね。全部出して丸洗い後にグリスアップ。

スイングアームの穴は何にもしてないと、中に水や砂が入ります。ここだけじゃないですが。

オーナーさんは、一年経過すると劣化するな~と言われていますが・・・

当店販売済の車両はグリスアップや密閉作業してるので1年では、こんな事にはなりませんよ。

こんなの見るとRサスがリンク式は、リンクガードのアルミが欲しくなります。

マスター2個、オーバーホールで中身を交換しました。Rはリペアキットないので丸ごと交換です。

だめだろうな~と思いフロント周りの分解。うっすら錆が。

まあアウトですね。

アウターレースが錆びています。

ハスクのアクセサリーのステム。面白い構造ですね。めっちゃ楽です。

あとは夜遅くなったので、写真無しです(笑)

当店で販売する競技車両のオフロードは全てステム、スイングアームを分解してグリスアップしてます。

レバーなどももちろんですが、分解グリスアップだけでなく組み立て方が違います。動く事を想定して緩まないように組み立ててますよ。

————————————————————————————————–

ステムベアリングの調整などは素人さんや、2-3年のメカニックでは不可能です。僕もそうでした。経験10年未満のメカニックで仕事として高い合格点を高確率で出せるメカニックにあった事が無いです。あてずっぽ、まぐれではダメです。

メカニック20年選手でもステムベアリングの交換は出来ても、調整が出来ない人が多いです。乗って感じれる人なら調整もできますが、わからないと調整できません。これはサーキットのタイムが早いとか関係なく、バイクの動くを邪魔せずバイクの動きを感じ取れるか感じ取れないかです。

趣味で乗るベテランのライダーでわからない。国際A級ライダーでもわからない。でも足つき不安な初心者ライダーの方が良く解る。なんて事も多いですよ。

バイクの動きを妨げず、素直にバイクから伝わる情報のままライディングするとバイクの調子がわかるかもですよ。

※ステムベアリングの調整がかたければ=自然にステアリングが動かない。規定値より常に高い加重がかかるのでベアリングの寿命が縮まる。なんか後ろ回りが蛇行する。(←勝手にライダーがバランスとるけど本来の性能が損なわれる)速度域が低い時にバランスとるのを意識しないといけない。速度域が高い時に車体が振られる一つの要因になる。

※ステムベアリングの調整が緩ければ=ガタがあって音がする→打痕が付いてちゃんと走らない。一度付いた打痕はステムベアリングの交換をしない限り復活しません。

これが出来なければ操縦安定性に関わるトラブルが出た時に解決できません。

————————————————————————————————–

オンロード車両からカブもですが、とくにオフロード競技車両は、ちゃんと分解してグリスアップして競技車両としてセットアップしている店で買いましょう。それがライダーとして気持ち良く乗れて腕も上がる一番の近道です。

あそこは早いライダーサポートしてるから、選手権で優勝しているライダーがスタッフでいるから、あそこの店はたくさん売ってるから、皆がそうだと言ってるから・・・情報の見極めは必要ですよ。

KTM大分の首藤さん↓

https://www.instagram.com/takeshishutou/?hl=ja

首藤さんのインスタではオフロードを分解している写真を掲載していませんが、ストーリーで納車整備で分解してグリスアップされているので、そういった店が信用出来るな~と思います。

KTM富士、ガンバイク佐野さんもグリスアップして納車整備しているのを見ましたし、神奈川の厚木にあるフロンティア水出さんも、きちんとされているのを見ました。僕がユーザーなら、そんな所から買いたいです。

同じ新車ですが、自分の眼で確かめて長く気持ち良く乗れる車両を買ってください。その方が腕も良くなるし、ライダーを助けてくれる車両になります。

————————————————————————————————–

390DUKE 中古車整備です。

中古車にする前に前タイヤは交換済で前のキャリパーは清掃給油済で写真無しです。

エアクリーナーは汚れてますね。

プラグはNGKの代替品番に交換。

ブレーキフルードは交換。

ブレーキレバー清掃給油。ワイヤーは給油。

サイドスタンドも清掃給油+調整。

ETCも取り付けです。アンテナは標準の両面テープから、粘着力の強い車のバンパーを固定する両面テープで固定します。とれる可能性も低くなります。

Rキャリパー清掃給油。

ハブダンパーは別に良かったのですが、まあ交換しときましょ。

ダストシール清掃給油。

写真にはありませんが、エンジンオイル+フィルター、クーラント+バッテリーは交換しておきました。

これですぐに交換が必要な物は無いと思います。ありがとうございました。

————————————————————————————————–

興津螺旋さんのボルトを購入しました。

http://www.okitsurasen.co.jp/

ステンレスのM6ボルトを各種購入しました。

ナンバープレートやウィンカー取り付けボルトに付けています。高強度ボルトでは無いので、特殊で強度がかかる所は今まで通りに8.8や10.8ので高強度ボルトを使います。

こんなチタンボルトも作られています。これはBMXのステム用かな。

M5のトルクスです。

色は購入時に選べますよ。



2022 tmRACING EN250Fi2T 新型車が入荷しました。 購入済で納車整備すぐしちゃいます。

トップブリッジは購入時にゴムマウントに変更済。

オープンタイプのハンドガードは標準になりました。グリップはサーキットの鮮やかな色の物に変わりました。

左スイッチも今時っぽい物に変わりました。

ガソリンタンクキャップも変更です。

ヘッドライトは従来型のLED。

前の足回りも見た感じ同一です。中身のダンピングなど不明ですが変わらずKYBでも上級品のクローズドカートリッジ。

フロントフェンダーは新型。かなり剛性のある作りになりました。

HGSチャンバーも変わらす。ブレーキペダルは変わりました。

エンジンオイルはフレームからの給油から、エアクリーナーボックスに移動。

僕の2021EN250から小さいLEDブレーキランプに変わりました。

後ろ回りは同じだと思います。

インジェクターの位置が掃気ポートではなくなりました。2Tインジェクションも良くなる為に変わりつつあります。

ステップペグは新型で大きくなりました。

サイレンサーはtmRACINGのマーキングでかっこよくなりました。

オーナーさん、楽しみに来られたので新車のバネでサグだし。

急ピッチで仕上げますが、ちょっと時間かかります~(´;ω;`)

次回のtmRACINGの便はいつでしょ。


tmRACING 250SMR Fi 4T デモ車としてカスタム 。一般車と違うステムやスイングアームを外す競技車両整備になります。

まず後ろ回りの分解。

スイングアームの構成部品の分解です。写真無いですがチェーンスライダーのボルトを外して液体ガスケットを塗ってスイングアーム内に水分が入らないようにしています。

適材適所なハイグレードなグリスに入れ替えです。

後ろ回りの細かい部品の分解清掃。

リンク部です。とても軽いです。

小さいながらも、樹脂コーティングしているベアリングではなくローラーの数が多く耐荷重の高いベアリングを使用しています。

このリンクの部品は3か所、ビッカースしてます。そんなけ設計強度ぎりぎりに詰めた軽くて強度を出した重要な部品ですね。

リンクとフレームのボルト。軽くするのに、ちゃんと真ん中がくびれています。

これもリンクの構成部品。

きわい所にOリングあります。ベアリング容量最大限にしてコンパクトな設計です。こんな一つ工夫の積み重ねで軽くコンパクトになりますよね。

チェーン調整のボルトも一度外してグリスアップ。ネジ部は絶対隙間が出来てしますのでグリスで密閉です。

1/6回転の寸法で左右均等にしています。なのでチェーン調整あまく考えて適当にして欲しくないのと、左右ちゃんと合わせましょう。1/6回転回すとチェーンの張りが3-5mmくらい変わります。

チェーン調整のボルトに付いているナットを締めてからアクスルを締めるのと、調整ボルトのナットを締めずにアクスルを締めるとチェーンの張りも変わります。理由はわかりますよね。

Rアクスルのナットを締める時もチェーンアジャスターボルトとアクスルブロックの隙間が面であたりの左右極力0mmの隙間にすることが重要です。

たまにアジャスターボルトを20-25Nmで締めている人がいますが、ここは10Nmくらいでも大丈夫です。ほとんどのメーカーのマニュアル見てもそのくらいです。むしろ10Nm以下にした方が良いです。

もっと他の合わせ方もありますが、この方法がある程度早くできて僕にとっては正確です。

————————————————————————————————–

スタンドも分解してグリスアップ。一度分解するとわかりますが、手の込んだ作りしてます。tmRACINGのスタンドは部品点数が多いですが、合理的ですよね。

ブレーキペダルの取り付け部にはベアリンが入っています。グリスアップして組み立てです。

ステップペグはSam Racing Partsのモタード用に交換しました。ペグが擦る事ってなかなかないと思いますが、気分から入りましょう(笑)

2021は伝統的な配置です。ここがエアクリーナーってのもなかなかありません。

エアクリーナーボックスのふたはCRMcompositi製のドライカーボンに変更。ノーマル形状より前から空気が入りやすくなってます。雨は最悪ですね(笑) まあこの車両ですし長距離走行するツアラーやアドベンチャーでは無いので。そして雨の時に走る事も無いですよね。

ガソリンタンクはシート下です。

+のケーブルが短いので日本製のOFCケーブルで作成。ブリーザーも変更。新車は素材です。

————————————————————————————————–

ステムベアリングもグリスアップ。

残念ながらできてないな~って車両は多いです。新車でも調整できていない車両も全然あります。メーカー問わず、ここって職人技?な所がありますので。

ステムベアリングはtmRACINGのマーキングがある専用品。

ステムベアリングのグリスも全部出して、新しいのを塗りこみます。これ超重要。表面だけじゃないです。

その後、写真のように表面にグリスを塗ります。

結構専用品のオンパレードです。FディスクはモトマスターのtmRACING専用品。tmRACINGのレーザーマーキングがあります。ラジアルマウント+305mmディスクと車両が軽いのでディスク径も小さめです。

※Fフォーク左右の長さを調整して組立。

※ホイールのバランスをとってホイールベアリングの調整とベアリングの転がり点検。

※ダストシールの清掃と給油。

※アクスルとピンチボルトの調整。(締め付けではなく、それを含めて調整です。)

※ブレーキキャリパーをブレーキディスクと平行にして組み立てる。

その他もろもろ。前回りの組み立てって難しいですよ。

色んな人が思うほど、僕も簡単とは思えません。学生の時はあまり考えずに分解してました(笑)最初の就職先でこんこんと考えさせられ怒られました。

なんとなく走れる=安全に走れる ではありません。

機械って設計通りに組むのも必要ですし、マニュアルをよく読むのも必要。工夫しないと何にもなりません。

————————————————————————————————–

Fマスターも交換しました。DISCACCIATIのモタード用16Φ。7075削り出し。タッチも気持ち良くてコントロールも質感も良いです。ブレーキスイッチも付属するのでめんどくさく無いですよ。

http://ktm-osakakita.shop-pro.jp/?pid=156048755

40,000円くらいです。取り付けにはマスターのタンクやステーが必要です。ここらへんはショップに任せていただいた方が良いですよ。相手のピストン径30×4ではなく、34や32がおすすめです。その方が握りこんだ時のフィーリングがコントロール出来て良いです。

新品ですが分解してグリスアップ。

ここら辺の所にDISCACCIATI は一工夫。グリス溜まりがありますし、ブレンボのレーシングマスターと違ってステンレス使っているので錆びてレバーが削れる事も無し。 DISCACCIATIさんは元はブレンボの技術者さんで良い所も悪い所も わかってのもの作りです。

見た感じ変わりませんが、良いフィーリングが長持ちするようにDISCACCIATIの新品のマスター購入して取り付けさせて頂いた時にはやっています。

ノーマルのブレーキスイッチは加工してDISCACCIATIのブレーキスイッチに付くコネクタに変更です。

バッテリーはアリアントYLP09を使用します。日本には入っていない製品です。そのまま使用すると振動で壊れても困るので工夫して組み立てます。

他のメーカーの車両と違い、汎用品のバッテリーと同じ大きさで作るのではなく、専用品の小さくてハイパワーのアリアントを使うあたりコスト度外視で軽量化とコンパクト化しています。

————————————————————————————————–

サイレンサーは多分イタリアのDVR?刻印とかは無いですけ見た感じ一緒ですね。

EUのモタード会では有名なマフラーです。新車からそこのフルエキゾーストがついています。ワークスのSMX?SMK450も使用しているエキゾーストシステムです。

タイヤはS22に交換しました。もうちょっとスポーツに振りたかったので。チューブも日本製のBRIDGESTONEに変更しています。

チェーンはSMRの場合ノンシールなので、EKの薄いゴムシール付きのモタード用にしました。

Fブレーキホースは軽くて柔軟性のあるイタリア製のフレンチューボ。これカーホンケブラーのような気がしますが不明です。

SMRは2022年からメインキーが付属します。

FフォークはKYBの倒立+クローズトドカートリッジ。tmRACINGはWPのオープンカートリッジより世界的にも評判も良い、構造的にも1ランク上の物が付いています。

モタード用の短いフェンダーが付いてきます。

ここらへん見てくと

ちょっと剛性の見直しがはいって切削されています。

インジェクターのホルダーは削り出し。凄いですよね。

ここも。

ヘッドカバーはOリングなのでガスケットが見えません。これは通常では無くスペシャルです。

この構造にするにはシルンダーヘッドとヘッドカバーの加工精度を高くする必要があり費用がかかります。

切削加工してOリングをはめる必要があります。ヘッドカバーの高さが低くなるし軽量化にもなる。シリンダーヘッドの熱がヘッドカバーに伝わります。コンパクトで軽量になりますが、コスト高です(笑)でもtmRACINGらしい作りです。

—————————————————————————————————

左側には圧力が高くなりすぎた場合の抜けが青いガスケットとしてあります。

クランクケースは砂型。

強度のいる、いらないでボルトの径が違います。ケースカバーはM5。

ウィンカーは変更します。配線ですが、ちょっと工夫。+が被覆無し。-が被覆有り。これを逆にします。さあなんででしょ。

左右の配線が解りやすいように、ちょっとマークしています。

あとはちょこちょこ色んな事をしています。大阪モーターサイクルショー用に展示する予定です。


390DUKE 懐かしく思う形です。

大学卒業からずーっと通ってもらい、今はご近所さん。ありがとうございます。

前後足回り分解清掃給油。

タイヤは溝にひび割れです。S22に交換しました。

ブレーキフルードは交換です。

いつも通りにスタンドの清掃給油調整。

ダストシールの清掃給油。

レバー類もお疲れさまでした。ワイヤーはそろそろ交換しても良いかな。

いつも、ありがとうございました。


390DUKEの7500Km点検。一年乗りましたのでちょうど良いタイミングです。

組み立て時、アクスルシャフトに耐水性の高いグリスを塗っています。シャフトをつたってベアリングに水が入りますからね。

キャリパー清掃給油。

鳴き止め加工して組み立てです。

スパークプラグも距離なので交換。

前回りも同じく整備。

シャフトもキレイにしてグリスアップして組み立て。

ダストシールないのグリスも入れ替え、ベアリング調整して組み立て。

前のキャリパー清掃給油。

ダストシールは結構多くゴミが入っていました。

サイドスタンド清掃給油調整。

ブレーキフルードは水分量アウトで交換。

レバーもワイヤーも動きやすくしました。

クーラントは交換時期でした。ちょっと黄色がかってました。

タイヤはもう交換時期ですよ・・・

エアクリーナーはまあまあ汚れていました。

このままタイヤ交換しなくても走れない事もないのですが、何かあった時に性能が発揮しないので・・・

あとちょっと、と思う前くらいで交換をオススメします。

1290SUPER DUKE Rのアジャスタブルステップの交換。

ある程度の位置に調整。コストのかかった部品を付けると、ぐっとカッコ良くなりますね。

ご自身で外そうとしてやっちゃったボルト。

穴開けて開けて、徐々に開けて逆タップ。

逆タップも良いのですが、失敗するとダイヤモンドチップのドリルを使うことになるのでヒヤヒヤです。

ロックタイトが、がっつりしたボルトを低い位置でとるのは大変です。

50SXの限定車の納車整備とボアアップ+カスタム。

フルサイズエンデキューロと変わらない作りです。良いですね。

ここはシェル付きのベアリング。清掃とグリスアップ。

チェーンアジャスターボルトも清掃給油。

防水処理済です。これでばっちりですね。

ライディングをイメージして組み立てです。

前回りもグリスアップ。

ステムベアリングの清掃給油。

組み立て時、Oリング使って防水性能上げて組み上げてます。

大人が乗るのでインペラ大きくしました。クーラントもグレード上げています。

レバーを清掃給油。ブレーキフルードは交換です。

ステップは大人用にVanasche Motorsports の7075ワイドステップ。

ちょっと加工が必要でした。

さあ新車から

ボアアップです。

2Tで鍛造削り出しピストン。初めて見ました。

元のと比べると2割くらい大きいですね。

2台50を比べると楽しそうです。

しばらく作業続きです。頑張ってやります。

基本的にずーっと作業しているので、一日のほとんど休み時間がありません。

要件の無い来店は全然OKです。整備やその相談、車両の購入、詳しい説明や見積もりが必要な場合は予約をお願いしています。

ここが聞きたい、作業して欲しい、オフロードやtmRACINGの事を聞きたいなど、急な来店は一人で対応しているので難しいです。

当店は直接買って頂いた方を会員として、その方の車両整備をメインで生業として仕事しています。

なので専門的な接客するために、来店の前に予約をお願いしています。その時間帯は空けておきます。

つまらないトラブルになってもお互いもったいないので、すいませんがご協力をお願いします。

神崎