安い自動車保険

安い自動車保険について

安い自動車保険について

自動車保険はなるべく自分の必要と考えるものに加入する必要があります。
そうはいっても、やはり可能であれば安い保険に加入したいものですよね。しかし安い保険と言うのはいろいろと落とし穴もあったりするのです。
安い保険の代表格が通販型自動車保険と言う自分で契約するタイプの保険です。
通販型は代理店型に比べて中間マージンが発生しない分保険料も安いのです。そんな通販型の自動車保険は、複雑な自動車保険を勉強する必要があったり、2件以上事故を起こしてしまうと継続加入が拒否されたりと代理店型に比べてデメリットも多く存在するのです。
また、クレジット以外の分割払いも出来ない、事故の判断は自分でする必要があるなどの非常にたくさんのデメリットがあるのですね。
要は通販型自動車保険のような安い自動車保険と言うのは保険に関する知識を備えた玄人向けの自動車保険になるのです。
そのため、ある程度の保険の勉強は必要になってくるのです。
それが嫌でしたら、大人しく代理店型の保険に加入して高い保険料を支払う必要があります。通販型のような安い自動車保険は自己責任が伴いやすいのです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ